プリンター インク 純正

プリンターのインクは純正じゃなくても問題ない?

各種メーカー

純正以外のインクのメリットとデメリット

対応メーカーからでているプリンターのインクは値段が高いです。いわゆる純正といわれる商品ですね。これは、本体と同じ型番、メーカーが作っているものなので安心して使用することができます。しかし、料金が高い!!

 

なんとか安いインクがないかと探し始めると、互換性インクというものを見つけることができます。これは、メーカーが作っているものではないのでヘッドの詰まりが起こる可能性が高くなったり、印刷具合が多少劣ってしまいます。しかし、インクの価格がかなり安いです。

 

その他の手段として、インクを自分で詰め替えをする方法もあります。空になったインクケースに自分でインクを入れて補充するんですね。この方法もかなり安くでインクを使うことができます。しかし、インクがこぼれたりする可能性もありますし、面倒くさいので手間がかかってしまいます。

 

 

どれもメリットとデメリットがそれなりに存在するわけです。

 

 

ですから、お金をとるか、安心をとるかなど、目的をしっかりと決めてから購入するようにするといいでしょう。純正のインクを使っていてもヘッド詰まりが起きる可能性もあります。ですから私が考えるベターな方法としては、安い本体を購入して互換性インクを利用するのが良いと思っています。

 

矢印 安いプリンターインクの通販サイトを見つけた


ホーム RSS購読 サイトマップ